【脱獄不要】設定アプリに隠されたiOS in the CarやFaceTimeの開発者・デバックオプションを見つけた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
    follow us in feedly

未脱獄にも出来る、アプリの設定データに隠された設定を探して遊んでるきんちゃんです。

今回見つけたのは、隠されたiOS in the CarやFaceTimeの開発者・デバックオプションです。
Apple公認のiOS Developerになるとデベロッパという開発者特有のオプションが設定.appに出現しますが、それ以外に開発者オプションがあるのを発見しました。

未脱獄でも出来るもんシリーズ第三弾

第一弾は予想外に人気を博した3G/LTE回線でTweetbotのストリーミング方法:
※Tweetbotユーザ必見: Tweetbot 3で3G/LTE回線ストリーミングをする方法を発見しました! | きんちゃんぶろぐ



第二弾はSpringBoardの設定を書き換えてバッテリー残量、ControlCenterのデモモードなどを有効にする方法:
【脱獄不要】iPhone、iPadであの煩わしいバッテリー残量アラートを無効、ControlCenterをデモモードにする方法などを見つけました | きんちゃんぶろぐ


今回は、設定.appに隠されたデバックオプションを有効にします。

2013 11 03 13 57 10
設定アプリに「FaceTimeデバック」と「アクセサリ開発者」を表示されます。

FaceTimeデバック (FaceTime Debugging)

2013 11 03 13 57 15
Call Logging
Registration Logging
Dump Logs

という項目が出現します。

Dump Logsというボタンを押せばLogファイルがzipでダンプされるようです。
2013 11 03 13 59 34
以下のkeyをcom.apple.Preferencesに追加すると表示されます。
<key>VCDiagnosticsEnabled</key>
<true/>

アクセサリ開発者 (Accessory Developer)

アクセサリ開発者というのはどうやらiOS in the Carの開発者向けオプションの様です。

表示させたところでユーザーは何も出来ません。笑

2013 11 03 13 57 19
以下のkeyをcom.apple.Preferencesに追加すると表示されます。
<key>AccessoryDeveloperEnabled</key>
<true/>


もう一つ不明なkey

kInternalPreferencesLoadsAllSettingsBundles

このkeyもデフォルトでオフになっていてオンにすると何かが出来る模様。詳細は不明。

解説: どのように有効にするか?

前回未脱獄で出来るもんシリーズと書き換えたやり方と同じです。

脱獄しないでアプリ内の設定データを書き換える方法は一つしかありません。
iTunesでiPhoneのバックアップしたデータを書き換え、それをiPhoneに書き戻す。

とりあえずiTuensでiPhoneデータをバックアップをします。
Image 10 26 13 at 4 41 PM

iBackupBotを利用

iBackupBot – iTunes Backup Manager for iPhone, iPod Touch, iPad


iBackupBotというバックアップデータを書き換えるソフトをダウンロードします。

Image 10 26 13 at 4 28 PM
iBackupBotを起動すると自動でiTunesのバックアップファイルが読み込まれるので暫く待つ。
読み込みが完了したら、
[最新のバックアップファイル]/System Files/HomeDomain/Library/Preferences
と辿って行く。
すると右の画面にcom.apple.Preferences.plistと出てくるのでダブルクリック。

Image 11 3 13 at 2 12 PM
寄付したい方は、寄付をしてあげて下さい。感謝しながらCancelを押させて頂きます。

Screenshot 2013 10 26 16 49 30
com.apple.Preferences.plistに
<key>VCDiagnosticsEnabled</key>
<true/>
<key>AccessoryDeveloperEnabled</key>
<true/>
<key>kInternalPreferencesLoadsAllSettingsBundles</key>
<true/>
と追加する。
順番(場所)はどこでもいいです。

赤い電源ボタンをクリック。

Image 11 3 13 at 2 15 PM
あとは、書き換えたバックアップファイルをiPhoneにリストアします。
最新のバックアップファイルを右クリックででRestore to deviceボタンを押します。

Screenshot 2013 10 26 17 02 43
Full Restoreになっていることを確認!

Image 10 27 13 at 5 22 PM
OKを押すと復元始まるので終わるまで待ちます・・

-37 errorが出る場合

設定.app → iCloud → iPhoneを探す
をオフにすると直ります。

参考記事:
Error code -37 when restore to iPad or iPhone with iBackupBot


まとめ

今回はあまり実用性がないかもしれませんが、面白いですね。
iOS in the Carには期待しています。


きんちゃん(@wa_kinchan )でした。

おわり。


最後まで読んで頂きありがとうございます。良かったら、RSS購読、シェアして下さいね(≧∀≦)!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation