私がiPhoneの再構築後するあれこれのメモ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
    follow us in feedly

スクリーンショット 2014 03 03 16 06 26
きんちゃん( @wa_kinchan )です。
iPhoneを脱獄していて調子悪くなると気分転換に再構築する方が多いかと思います。
でも再構築が、億劫に感じる人がいるかもしれません、私はあまりそうではない方ですが・・。笑
そういうときは、再構築後手順を簡潔にする方法を作っておいた方がいいかもしれませんね。
以下は、私が使っている再構築後の手順のメモです。

再構築後めも

私は、母艦(Mac)と復元するiPhoneを使って行っています。
母艦のTerminalからiPhoneにsshで接続して以下で紹介するコマンドを貼付けてちゃちゃっと終わらせます。

Windowsからなら、Cygwin等を入れていれば可能です。
Cygwin


Mac:
ssh root@[iphone_ip_address]

シャッター音、録画開始終了音を消す

カメラのシャッター音、ムービーの録画開始・終了時の音を消します。
カメラのシャッター音: /System/Library/Audio/UISounds/photoShutter.caf
録画開始音: /System/Library/Audio/UISounds/begin_video_record.caf
録画終了音: /System/Library/Audio/UISounds/end_video_record.caf
上記のパスのcafファイルをリネームする手段もありますが、録画終了音を消すと録画が終了出来ないトラブルに見舞われる可能性があるため、無音ファイルに置き換えます。

cd /System/Library/Audio/UISounds/
mv photoShutter.caf photoShutter.caf.bak
mv begin_video_record.caf begin_video_record.caf.bak
mv end_video_record.caf /end_video_record.caf.bak
wget https://www.dropbox.com/s/8dw9zcgmij45nb7/photoShutter.caf
cp photoShutter.caf begin_video_record.caf
cp photoShutter.caf end_video_record.caf

com.apple.afc2を追記

iOS 7の脱獄ツールevasi0nでは脱獄後、iFunboxからrootディレクトリにアクセスできません。それをCydiaからパッケージをインストールして有効にする方法はafc2addを追記すれば出来ます。ただ、afc2addはインストール時に、シェルスクリプトを実行して
/System/Library/Lockdown/Services.plist
com.apple.afc2
を追記しているだけです。そのため、不必要なパッケージを入れたくないので私は毎度手動でコマンドを入力しています。

参考記事:
iOS 7の脱獄後、よくある質問・トラブルシューティング | きんちゃんぶろぐ


apt-get install com.ericasadun.utilties
plutil -com.apple.afc2 -dict /System/Library/Lockdown/Services.plist
plutil -com.apple.afc2 -Label -string com.apple.afc2 /System/Library/Lockdown/Services.plist
plutil -com.apple.afc2 -AllowUnactivatedService -true /System/Library/Lockdown/Services.plist
plutil -com.apple.afc2 -ProgramArguments -array /System/Library/Lockdown/Services.plist
plutil -com.apple.afc2 -ProgramArguments -arrayadd -string /usr/libexec/afcd /System/Library/Lockdown/Services.plist
plutil -com.apple.afc2 -ProgramArguments -arrayadd -string \"--lockdown\" /System/Library/Lockdown/Services.plist
plutil -com.apple.afc2 -ProgramArguments -arrayadd -string \"-d\" /System/Library/Lockdown/Services.plist
plutil -com.apple.afc2 -ProgramArguments -arrayadd -string / /System/Library/Lockdown/Services.plist

Ad blocking

iAd無効化&hosts書き換え

mv /Applications/AdSheet.app /Applications/AdSheet.app.bak
mv /Applications/iAdOptOut.app /Applications/iAdOptOut.app.bak
cd /etc/hosts
mv hosts hosts.bak
wget https://www.dropbox.com/s/0q686ee59m5tzvh/hosts
chmod 644 hosts

開発者向け: sshの認証簡易化

sshの認証を簡易化しておくと便利。

@r_plus さんの以下の記事を参考にしています。
私は、sshd_configのAllowUsersを以下のようにしています。
AllowUsers root@192.168.*.* root@127.*.*.*

参考記事:
seekpoint: iPhone SSH鍵認証メモ


cp /etc/ssh/sshd_config /etc/ssh/sshd_config.bak
wget --no-check-certificate https://www.dropbox.com/s/a3dp8acjhn30o0s/sshd_config
ssh-keygen /* デフォルトでrsaか確認/生成 */
chmod 600 ~/.ssh/id_rsacat
chmod 644 ~/.ssh/id_rsa.pub
chmod 700 ~/.ssh
mv ~/.ssh/id_rsa.pub ~/.ssh/authorized_keys

Mac:
scp root@iphone.local:/var/root/.ssh/id_rsa ~/.ssh/iPhone_rsa
ssh -i .ssh/iPhone_rsa root@iphone.local

まとめ

自分なりの簡易な手順を作っておくと便利ですね。

では、きんちゃん( @wa_kinchan )でした。
最後まで読んで頂きありがとうございます。良かったら、RSS購読、シェアして下さいね!





10 Thoughts on “私がiPhoneの再構築後するあれこれのメモ

  1. iAdのことについて詳しく知りたいのですが、
    パソコンにつないでコマンドプロンプトで
    コードを実行ってことですか??

    • きんちゃん。(@wa_kinchan) Blog Administrator on 2014年3月15日 at 7:06 PM said:

      パソコンからsshでiPhone繋いでする、もしくは、iPhone単体でMobileTerminal等からコマンドを貼り付けて実行すればできます。

    • きんちゃん。(@wa_kinchan) Blog Administrator on 2014年3月15日 at 7:07 PM said:

      Windowsのコマンドプロンプトからは無理です、Unix系もしくはWindowsからならCygwinが必要となります。

  2. ぴー on 2014年3月15日 at 7:24 PM said:

    上の方のサウンド系のところのディレクトリで/System/LibraryAudioになってますが、/System/Library/Audioではないですか?

  3. photoshutterではなくphotoShutterではないでしょうか

  4. りょう on 2014年11月30日 at 12:08 PM said:

    しばらく前からこの記事だけ見れないのですが、非公開などにしていますか?
    コメント欄だけが表示される状態です。

  5. ichitaso norevomeadsとこちらの広告削除どっちがいいですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation