Activatorで赤外線リモコンを操作する「IRKit for Activator」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
    follow us in feedly

きんちゃん( @wa_kinchan )です。


以前、ProWidgetsのアドオンとしてIRKitを操作する脱獄アプリを作りましたが、今回はActivatorでもっと手軽にサクッと赤外線データを送信する脱獄アプリを作ってみました。


過去記事:
iPhoneからIRKitの使い勝手を向上させる「IRKit for ProWidgets」 | きんちゃんぶろぐ


IRKitとは


IRKitは、WiFi機能の付いたオープンソースな赤外線リモコンデバイス。
家庭のエアコンやテレビ、ライトなど、赤外線で操作できる家電を、
WiFiをとおして、iPhoneやiPadなどから操作できるようにするものです。


IRKit – Open Source WiFi Connected Infrared Remote Controller




Jailbreak × IRKit Part2


Part 2ということで、前回の「IRKit for ProWidgets」に続き、Jailbreak × IRKitでIRKitの力を引き出してみます。前回は、ProWidgetsのアドオンであって、有料のProWidgetsを購入しないと使えないものでした。
今回はシンプルさを追求して、Activatorより赤外線データを送信できる「IRKit for Activator」を作成しました。


「IRKit for Activator」とは・・Activatorを利用して、ロックスクリーン、任意のアプリケーション、SpringBoard上のどこからでもIRKitでさくっと赤外線を送信できます。使い方によっては非常に便利になるでしょう!


初期設定


Activatorの設定項目の一覧にIRKitのSignalデータを表示するために、データをExportする必要があります。


  1. Cydiaからきんちゃんリポジトリを追加してください。
    http://kindadev.com/apt
    です。その後、「IRKit for Activator」と検索しインストールしてください。


iOS 8では・・


  1. IRKit for Activator v1.0.6をiFile等でインストール: http://t.co/xchMP7HMx7
  2. /usr/lib/libobjcipc.dylibに配備: http://t.co/SuAyNx7gS7
  3. /Library/MobileSubstrate/DynamicLibrariesにdylibとplist配備: http://t.co/1nyQsanWGB

iOS 8ではlibobjcipcが正式対応してないため、少々めんどうですが、この方法でインストールしてください。


  1. あらかじめ、IRKit Simple Remoteアプリをインストールしておき、リモコンデータを登録しておきます。

IRKitシンプルリモコン 2.1.3(無料)App
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
販売元: Masakazu Ohtsuka – Masakazu Ohtsuka(サイズ: 2.5 MB)
全てのバージョンの評価: (19件の評価)


  1. IRKit Simple Remoteアプリ内の設定を開くと、右上にExportボタンが追加されているのでタップします。for Activatorまたは、for IRLauncher (OS X)を選択するメニューが出るので、for Activatorを選択します。


  1. 選択するとすぐにExportが完了するアラートが出ます。これでActivatorへの設定が完了します。
    リスプリングはしなくよて良くなりました。( @r_plus さんありがと〜 )

  2. Activatorの設定より、好みのアクションを設定してください。



Activatorのメニューで更に使いやすく


[設定] > [Activator] > [メニュー]よりメニューを作成しておけば、リストを作成することも出来ます。



仕様


Exportする際に、赤外線のタイトルのハッシュを保存し、ハッシュからActivatorの固有IDを生成したり、送信時に同等のsignalデータがあるかチェックをかけています。そのため、タイトルを変えてしまうとActivatorからsignalデータを送信できなくなったり、なんらかのエラーが出る可能性があります。そのため、タイトルを変えた後は、必ずExportを再度行ってください。


IRKitのExportデータは、


/var/mobile/Library/Preferences/com.kindadev.activator.irkit.plist

に存在します。


Export時に、上書きされ前のデータは消えます。


オプション: IRLauncher向けExport機能!


Mac版のIRKitアプリ「IRLauncher」はQuicksilver、Alfred 2と連携して、手軽さを追求しきった設計になっています。本当に、mashさんは素晴らしいです。


当然なことですが、IRLauncher向けにSignalデータを再登録する必要があります。それが個人的には億劫でしょうがなかったので、iOSの設定データをそのままIRLauncherに移植しようと作ったのが本機能です。


Exportの選択画面で、for IRLaucnher (OS X)をタップすると


/var/mobile/Applications/Simple.app/Documents/IRLauncher/*.json

にIRLauncherで利用できるjsonファイルが出力されます。


出力されたjsonデータをiFunBox等で


~/.irkit.d/signals/

にコピーすればiOSの設定データが引き継がれます。



データをコピーした後は、データの再読込のためにIRLauncherを再起動させてください。再起動後データが読み込まれるはずです。



この辺参考にさせて頂きました。


おぺんそうす


IRKit for Activatorはおぺんそうすです。こうしたらって場合はpullreqよろしくです。


wakinchan/IRKit-for-Activator


まとめ


IRKitはSDKも公開されているので可能性が盛りだくさんのアイテムですね。一台家にあるだけでもう次世代に!笑




では、きんちゃん( @wa_kinchan )でした。
最後まで読んで頂きありがとうございます。良かったら、RSS購読、シェアして下さいね(≧∀≦)!





One Thought on “Activatorで赤外線リモコンを操作する「IRKit for Activator」

  1. 初期設定でアクティビターの動作設定されてて
    設定解除してもリスプリング等をしても元に戻るのってどうすればいいのでしょうか
    具体例を上げるとしたらAutoTouch等です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation